加藤 枝里

精神保健福祉士
ひとりやないで!代表スタッフ

記事一覧(178)

感謝!!!(ishieri)

こんばんは〜✨もう年の瀬ですね!!1年、あっという間だったー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)今日は短い言葉ですが、みなさまに感謝の気持ちを改めてお伝えしたいと思います✳︎⚪︎ひとりやないで!も結成5周年を迎えました😉先日ひとりやないで!5周年パーティーを迎えて、改めてみなさまに支えられてきたことを感じて、胸がいっぱいになりました😌あんまり、暗い話とか自分からするのが得意じゃなくて笑!でも、ずっと悩みが多すぎて、どうやって生きていけばいいかわからないな…なんて思ってた時期が学生の頃はほとんどでした!みんなある気持ちなんだと思うけど。ただ泣いて泣いて泣き疲れて…またけろっと笑ってみたり。そんな毎日を繰り返していたかな?もみちゃんがひとりやないで!パーティーの時にも言ってくれた通り、最初もみちゃんたちに出会った時なんて、自分の気持ちを言えなかった!怖かった!!!!多分、小さい頃にお母さんに怒鳴られまくって、失敗するたびに責められて、髪の毛引っ張られて、叩かれて、自分の気持ちを伝えることを諦めて、ただ感情を失くして無でいよう。と決めた時があって。小学生の時の写真なんて全然笑ってない笑!感情が無い笑子どもの時のみなさんもすっごく、辛かったはずです!!あのときほんとがんばったよね。生きててよかったよね。だから今があるんだ!!!!本当に今、ありがたいです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)全部意味があってここまで来れたから。(生まれる時に役目を持って生まれてくるんですって!自分はこういう経験をして、最終的に喜びを味わいたい!!とか(^^)5周年パーティーで、改めて自分の弱さをお話しできて、心の底から、もうあの頃に戻らなくていいんだよ、次に進もうそう心が教えてくれた気がしました✨🌟5周年パーティーのことは、もみちゃんが記してくれます!お楽しみに♩ぬーさんもとっておきのものをつくってくれましたよ💓もっと皆さんの力が発揮できて、一人ひとりが輝ける場を提供していけたらと思います✨本当に5周年ありがとうございました😊!そしてこれからもよろしくお願いします!お祝いのお花、温かいお言葉、 ささやかなプレゼント、すべてすべてありがとうございました╰(*´︶`*)╯そしてもみちゃんもぬーさんも、いつも支えてくれてありがとう😊また来年もいろんな方にお会いできることを楽しみにしております^_^!

【レポ】家族会vol.24 無事終了♪

こんばんは*もうすぐ12月🎄❅街中にイルミネーションが点灯し始めましたね★今年はどこのイルミネーションを見に行こうかな~?♪と考えている加藤です。さて!今回は11月18日(日)に行いました「ひとりやないで!家族会vol.24」の様子をお届けします!✨この日の参加者は、スタッフ含め6名👏初めての参加者様が【2名】いらっしゃいました♪ ((ようこそ~(^^)(なんと”岐阜県”からお越しいただいた方もいました!)この日は、■子どもの教育制度に「精神疾患」を入れてほしい!つい先日、高校の指導要領に導入されることが発表になりましたが、義務教育から必要だよねという声多数。■子どもの立場の方が集まれる”居場所”の貴重さ&周知の課題居場所が増えてきたとは言え、全国的にみるといまだ数は少ないのが現状です。また「もっと早くに”家族会”の存在を知っていれば、少しは楽だったかも><」という悔やまれる声も。うーーん・・・現状「家族会」ってボランティア的ポジションで確立されてるけど、【家族内で共倒れ→精神疾患の患者数増加】の悪循環を考えると正直【行政の取り組み】として必要だと思うのが加藤の意見。('ω')ノ>話は戻りまして、ひとりやないで!では「全国各地 子向け家族会 一覧ファイル🍀」を作成しています!!

理解ある従姉妹*(加藤)

おはようございます☀️今週のスタッフブログ担当 加藤 です。今回は、友だち 兼 姉妹のような?!(よくお揃いの服を着せられていました♡笑)トーシツの母に理解ある大阪に住むわたしの同い年の従姉妹をご紹介します*(掲載について、本人の許可は得ています。)家族会においてもよく出る話が「親戚づきあいの難しさ」です。中々親の病気を理解してもらえず、━冠婚葬祭等の集まりには、”うちの家族””は呼ばれない💦━距離を置かれているなどの話がよく出ます。”もっと障がいに理解ある世の中になれば、人の目を気にすることなく自分の親も受け入れてもらえるのに・・・”そんな願いを持つ子どもの立場の方が今も年齢層関係なく多くいらっしゃいます。私の親戚のひとり 従姉妹 は、ワケのわからない話(妄想話)をし出すトーシツママさんの発言を明るく受け止め、笑い飛ばすということが幼い頃から出来ていた気がする。・・・と思ったのが、先月末の話🙆トーシツママの母(私からしたら”祖母”)が数年前に亡くなって以降、大阪に住むいとこ家族が一家そろって神奈川に住む母の病院にお見舞いに来てくれる回数が増えちょうど先月末も台風で飛行機や新幹線が動くかどうかわからない中、私の母の妹(叔母さん)の強い要望”姉(私の母)の見舞いが最優先やから” と、本来一泊して観光してから帰る予定だったところ、わざわざとんほ帰りで駆けつけて来てくれました💦  その日は母を外泊させ、実家で会ってもらったのですがそのときも「妖怪人間」や「理系」の話を突然、人の話を遮ってまでしてくる母 ( ꒪⌓꒪)しかし、その話に嫌な顔せず乗ってくれる叔父さん。・・・すごい。話がかみ合っている。笑それを「え、何なに('ω')! あのぉー、、話がかみ合っている!ww (関西弁)」と、関西人ならではの(?!)笑いがこみあげて来るような場を盛り上げる実況をする従姉妹。また、私がママさんに「話始める時は、人が話し終えてから会話に入ってこんと…!」と言った発言に対して、ママさん「妖怪人間やから大丈夫やろうー?」と。(ΦωΦ)それを見て従姉妹、「懐かしいわー。笑 えりちゃんが小さい時からこのやり取り何度もみてるわ~(´ω`)」と、過去もこんなやり取りだったことを思い出させてくれたとともに、幼い頃から温かい目で見てくれていたことの有り難みをしみじみと感じました。🍀”障がい者”としてではなく”えりちゃんのお母さん”として見てくれている従姉妹。