正月の母&1月17日という日(加藤)

こんばんは*
気付けば1月も半ば…早いですね。*

今日はこのお正月、
母と過ごした出来事について
綴ろうと思います(^_^)

━10年ちょい長期入院中の母。

大晦日~1月2日にかけて自宅へ外泊でした*

私も実家に帰って1泊したのですが、
よいこと・わるいこと色々😀😧😈(笑)


■よいこと4つ*
❶ちゃんと旦那さんに新年の挨拶ができた☆


❷病院とおなじ服薬時間にお薬飲むよう説得したら、ちゃんと夜、寝てくれた(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)☆
(昨年は母、夜中に過活動なって、うるさくて一睡も出来なかっただけに、助かった、、。)



❸食事の準備を手伝ってくれた!
━私が「手伝って」と声をかけると、

「…○○←母の名前  が手伝って地球が爆発しないかああー??」と母。(白目)


私、「絶っったいしない!約束する🗿 だから、ハイ。」と、


この日夕食のお刺身を食べるのに必要な

【小皿に醤油を入れる】

ことをミッションに掲げました。


そしたら、
「こんなの出来ひんわぁ~!”パッシャァアーーん”こぼしたらどうするん!!?!?」と母。


袋タイプの、
一気に出ないお醤油タイプだったので、
私が

「絶対パッシャーんない!!ほら、こうやって…」

と手本を見せたら、少しヤル気をだした母。




すると



恐る恐る、 
小皿にお醤油を
注いでくれました(´ω`)♡(すごい!)



❹母が墓参りをした!! 
━冠婚葬祭が苦手で、実親のお葬式・墓参り。ましてや、わたしの結婚式にすら出席しなかった母。


今年は父方祖母の喪中のため、
お墓参りに
”とりあえず”母も車に乗せて

お参りしてくれることも期待せず
墓地へ向かいました



すると…


母が墓石の前まで付いてきた!!


おまけに


幻聴さんといろいろ喋りながらも、
父が母の後ろに回って母の両手を掴んで
手を合わせ、


”一応”お参りもした…!!






(°Д°)




…とっってもビックリしました。笑



とともに、



とっっても心温まる嬉しさに満ち溢れました。*




本当に少しずつ。



すこ~しずつかもしれないけど



確実に母が変わってきている🍀*゜




1番母の身近にいる
父の力はもちろんですが、


わたしも
”統合失調症の母と向き合う子ども”として
精神保健福祉士の資格をとって勉強して、

  

本業では利用者さんや先輩方から
たくさんのことを学んで
母と向き合うヒントをつかんで
地域に触れる機会を意図的に増やしたり




旦那さんや旦那さん家族の理解



大阪の親戚が
遠方から来て母に会ってくれたりもして




色んな方の援助で、

”母の幸せ”

が、成り立ってるんだなと思いました(^_^)





■わるいこと🙀💦
お正月のわるい出来事といえば、
母が聞こえてくる幻聴さんの声を
真に受けて


私に向かってクドいくらいに

「○×△さんがえりちゃん(私)のことやろぉおー?いい加減にしろよォお??」

と理不尽に怒られたり(  °ᴗ°  )



喋りが止まらない母に対して
うるさすぎて注意したら


「えりちゃんは地球の神様。怪人神。妖怪人間。○○○←母の名前 だけが人間。…な??!」


と、


全く会話にならない、このママン。‎( ꒪⌓꒪)



病院に戻る時には
すれ違ったご近所さんに対して
とっても失礼なことばを発したため


わたしも頭来て💦
久々によそ様の前で怒鳴る始末╭( ๐_๐)╮




わたしがまだ幼かった頃は
こういうとき、

『あぁ、、親に対して怒鳴る子どもなんて、周りにきっと”悪い子”って思われてる😢💦』



傍から見たら
理解してもらえない現状に、
もどかしさと悲しみをを感じていました。^^;



だからこそ、
よそ様の前ではひたすら


『いい子ちゃんでいなきゃ!!!』


と思う気持ちが強かったですねぇ、、^^;



このお正月で、
色々大変だった当時を思い出しました(笑)



そんなこんなで終えた

年に1度の一大イベント【外泊】🏠✨





長くなりましたが、
今年もこうやって
母との出来事を綴るなどして


このブログを読んで下さっている方々に

”病気の親と向き合っているのは
あなたはだけじゃないんだよ(^_^)”

というメッセージが伝われば幸いです。*



わたしも頑張りますので
みなさんも無理ない程度に頑張りましょうね(*^^*)

今年もよろしくお願いします。


P.S.
今日1月17日は阪神・淡路大震災の日。

23年前、
私と私の母は
兵庫の祖母の家にいて被災しました。

真っ暗闇の中でも確認できた、
母が荷物に埋もれて
鼻から血が流れていたこと。

当時3歳だった私も、
ハッキリ覚えています。


そんな私たち二人を助けてくれたのは
今は亡き、母方の祖母。*


助けてくれてありがとう。

祖母が亡くなったとき棺に入れた
「ママのことは任せてね」の手紙のことば。

不器用ながらも、
今も継続できてます。

これからも天国で見守っててね*

次は
母の実母である、
私からしたら”おばーちゃん”のお墓参りに
ママが望めば、
連れていこうと思います🙃*

⬆私が20代になった頃から、なぜか毎年お年玉をくれるようになった母。\(ϋ)/
小さい頃は一切くれなかったのにね(笑)
この年になって恥ずかしいけれど、幼かった頃は味わえかった【おかあさんらしさ】が嬉しくて、今年も頂きました^^*


加藤(もみこ)

ひとりやないで!

~*統合失調症の親を持つ子向けの広場*~

0コメント

  • 1000 / 1000