【レポ&お知らせ】2/10助川教授 勉強会✐&3月の集まりについて


みなさん こんにちは!

今日は先週行なわれました、
聖学院大学 助川教授による

「リカバリーカレッジ概論」勉強会✐

のレポートをお届けします!


---

*2018.2.10(土)  14-16:30 

助川先生をお呼びするのは
ひとりやないで!史上2回目・・・✨

今年も快く引き受けてくださいまして、
目黒川沿いにある
「コワーキングスペース五反田PAO」さんを会場に、
約2時間半のお話を伺いました。


スタッフ2名は1時間前に会場入りし、
会場設営や打ち合わせ。🙆


開場時間を過ぎ、
スタッフも参加費の支払い対応や
パワポ資料出力などでバタバタしている中
とても感激したのが、

ひとりやないで!常連さんたちの
自主的・積極的な動き・・・😊*



スタッフが他対応で手が空いていないとき、


━助川先生にコーヒーを淹れてくださったり

━初参加ですこし緊張している大学生さんとコミュニケーションを取ってくださったり

━情報提供として資料を持ってきてくださる


・・・など、
スタッフはとても助けられましたよ~^^


(ありがとうございます*)



そんなこんなで準備が整った後、
勉強会がスタート!♪


参加者は私たちスタッフ含め、8名でした✨
今回も机を囲んでの
コミュニケーションを取りやすい形で行い、
お話を聞くだけではなく
質疑応答もあり!*


今回は参加者の対象を
”統合失調症の親をもつ子ども”に
限定していなかったため、
支援者の方にも何名かお越しいただきました!✨


先生と近い距離で
色~んなお話を聞けたようでよかったな(^_^)と思います。*



テーマは「リカバリーカレッジ概論」(`・ ・´)



昨年、ひとりやないで!として
立川にあるリカバリーカレッジに見学に行った方は、
より理解を深めることが出来たのではないでしょうか^^*


助川先生も
イギリスへ現地視察に行ったときの写真を
たくさんパワーポイント資料として用いて下さり

まるで参加者の私たちも、
イギリスに来たかのような感覚で
お話を聞くことが出来ました(^^)🍀*゜

そのほか、
私たち「統合失調症の親をもつ子ども」の立場であれば
多く共感できるであろう、
「イギリスのヤングケアラー事情」
についても、
お話してくださいました😊*


ヤングケアラー・・・
家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、
家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている、18歳未満の子どものこと。
(日本ケアラー連盟 ヤングケアラープロジェクト様 HP引用)


イギリスと日本の違い。
今の日本の精神保健福祉事情がある
歴史に驚くとともに


これから先、
「地域」が主体となれば
まだまだ日本も変われるのではないか😻?!


その「地域」に
ひとりやないで!も属している! 
・・・という実感も抱けましたね*.*


とても充実した2時間半でした✨



助川先生、この度は有難う御座いました😊

参加者のみなさま*
ご参加ありがとうございました😄

---

★ お知らせ💁 ★

3月の ひとりやないで! ですが、

集まり(家族会も懇親会)の活動は

1ヶ月間

お休みさせていただきます<(_ _)>*


年度末、
助成金の決算書や
来年度の申請書の作成で忙しいことと

スタッフ自身も
私生活をだいじにしてほしい…*
という思いのもと、


1年間のうち1ヶ月くらいは
全員に充電期間🔋を与えたいのです(^^)


来年度に向け、
心もからだもリフレッシュして
また4月以降
みなさまにお会いできればと思います🙈☆


スタッフブログや、
来年度からのイベント告知は引き続き
3月中も
ホームページやFacebook、Instagramにて
更新させて頂きますので


1ヶ月間、
もしよければSNS等も
ぜひご閲覧ください(^^)


それでは!
次週、スタッフブログ
加藤からのスタートです!

ひとりやないで!
加藤(もみこ)

ひとりやないで!

~*統合失調症の親を持つ子向けの広場*~

0コメント

  • 1000 / 1000