世界と日本の精神病床数を比較!

こんばんは*


今朝は関東地方、

ものすんんごーーーい雨風でしたね^^;


傘はぶっ壊れるわ、

ずぶ濡れになるわ、、

・・・散々でした。笑



そんな今日は…☆



前回の集まりで、


「日本以外の”世界の精神保健事情”が知りたい!」


という話題が出ましたので、

本日はその話を…^^/*



「日本の精神病床数は、世界一だ!」



…という情報は、

各メディア等でも報道されてるので

ご存知の方も多いかと思いますが


世界の実情はご存じですか?*




▼まずは、下のグラフをご覧ください*


(※「精神医療福祉の部屋」様 引用。)



各国が右肩下がりばかりの中、




日本は・・・


いえ


日本だけが・・・・・




ずば抜けて上がっている(°°)!!!




そうなんです




日本だけが唯一、

精神病床数が年々上昇。。



おなじアジア圏の韓国ですら

右肩下がりなのに・・・



どうしてでしょう?!!




先ほどの引用によると、


先進諸国が

精神障害者を地域で面倒を見る政策へと

転換に踏み切っていた時期、



海外情勢に疎い日本は、


”病院を増やさなければ…!”


…という考えにとりつかれていたと

言われています。



教科書にもそうかかれていました(*_*)



とはいえ!

そんな先進国に追いつこうとした日本…!



日本でも

2013年に施行された

精神障害者総合保健法により、



「入院医療中心から地域生活中心へ」

という理念に基づいて



ようやく始まった

「地域移行支援」と「地域定着支援」!!

ヽ(´▽`)ノ




※病院ではなく、地域で面倒を見ていこう♪ってやつですね。




・・・が、しかし!!!




おそらく

このブログを見てくださっている

統合失調症の家族をお持ちの方も

そうでない方も



今の現状で


■地域移行支援

■地域定着支援


って言われたって




「なにそれ(・∀・)」




・・・・・と、

なんのこっちゃあ分からない状態でしょう。笑



そう思うと

それほど定着していないこの政策、、。



トーシツの母をもつわたしも、

PSW(精神保健福祉士)の

国家資格の勉強をするまで、

一度も耳にしたことがないワードでした><





イタリアなんて今、

精神科病院の数



「0(ゼロ)」



なんだと…≡( '')!☆




バザーリアって人が頑張ったんですなあ~。(気になる方はけんさくっ。)


 



…とまあ、

これが世界の精神保健実情です*!



日本はもっと、

PSWや政府・メディア等々が



「こんな政策をしてるよっ☆!」と、



もっともーーっと積極的に発信していく必要があると考えます。





地域で面倒を見ていく

日本情勢になれば



次第に障害者に対する偏見もなくなり、



誰もが人権を尊重されて



より住みやすい国になっていくんだろうなあ…*




そして

結構いろんな機関で、


各国の精神科病院や

精神保健を学べる「海外研修」という名の機会もあるみたい…!



いつか行ってみたいなあ…*





以上、今日は参加者さまから頂いた質問のお答えでした^^/*

ひとりやないで!

~*統合失調症の親を持つ子向けの広場*~

0コメント

  • 1000 / 1000