w-inds.さんへの感謝*(加藤)


おはようございます🌻
今週のスタッフブログ担当、加藤です^^

ぬーさん&ishieriちゃんが
年度末で忙しい💦とのことなので・・・!

『 加藤の話、もう飽きたよ~(‐д`‐ll)』

と思われる方もいるかも知れませんが 笑


今週も

ワタシが(。•̀ᴗ-)✧  (ドヤ

担当させていただきます!✨(にかっ)


今日のお話は、
わたしが統合失調症の母との付き合いの中で
大きく人生を良い方向と導いてくれた

本日【3月14日】に
デビュー17周年👏を迎えた
ダンスボーカルアーティスト、

「w-inds.」 さん*


に支えられた経験について、綴ろうと思います(^_^)*

---

※w-inds.さんのお名前は
先日ぷるすあるはさんに取材を受けました、
コラム記事の中でも登場しています。

(それほど、わたしの人生を語るに欠かせない人物です。。!)

▼「子ども情報ステーション」のサイト 
加藤(もみこ)の体験談
上記コラムでは、
私が中学1年生(当時13歳)のときに
w-inds.ファンになって、

初めて

「ダンス」

という表現の楽しさに目覚めたこと


大学時にはオーディションも受けて、
自分の私が生活も
思う存分楽しんだ経験が書かれています。



そもそも!
当時のわたしは

━グッズを使用版と保存版にわけて買ったり
━全国各地のライヴにも足を運ぶ

…など、

いわゆる

オタク」

でした。 (笑)


でもそのおかげで
全国各地にお友達ができ
電車や新幹線にも強くなれたり、


視野が広がった!!
 

なにより、
それほど夢中になれるもの* 
出来たおかげで



母と距離を置くことができ
(面会も、2,3ヶ月に1回位しか行ってなかったと思います。)



トーシツの親と向き合う
子どもの立場の方によく見られる傾向


★自分のやりたい・したい事を我慢して

(自分の人生を犠牲にして)

「自分の親の面倒を看る」



・・・という選択肢があることすら、
当時の私には考えられなかったです。



悪くいえば
「おかあさん放置してかわいそう」
なのですが


たぶん

「思春期」

という
成長過程でも大事なこの時期に
自分のしたいことを我慢する生活を
もし!送っていたとしたら、、

今のわたしは
母を憎んでいたかもしれません💦



ただ、
好きなことを
思う存分やらせてもらえた背景には


必ずや

━ビョーキの母の面倒を
一番近くで見なければいけない父の理解

があって

━当時も入院中だった母には、
”娘”である私に中々会えなかった寂しさ

があって


今考えると、
なにかしらを「犠牲」にしなければ
自由は手に入らないんだな、と
大きく学んだ経験でもありました。(>_<)




今はちょうど、
その穴を埋めているとき・・・!!




その一環として、
【ひとりやないで!】の運営も含まれます*



でも、
どーしてこんなに偏見残る世の中で、
先の見えない
日本の精神保健福祉の変化を
求めていられるのか (´?ω?`)?



大前提に、

それほど助けを必要としている、
おなじ立場の 仲間 がいる!!

は勿論です。



でも、先の見えない中、
その思いだけでは絶対継続はむずかしくて

そんなとき、
今日ご紹介した w-inds. が、
”とある大人の事情” にも負けず
地道に努力し続けて実力をつけていった


メンバー3人の前向きな姿勢


に励まされた点はとても大きいです。🍀*゜


※大人の事情ってなに?? と疑問が残る方は、ググってみてください((^^;) ここには一切詳細は綴りません。💦



たいていの人は、
”その事情でメディアに出られない” ともなれば
希望もモチベーションも
下がってしまうのではないでしょうか?💦


そこを純粋に
「歌とダンスが好きだから」
・・・だけで
努力し続けたw-inds.さん。

 
今w-inds.は、
世界水準!と言われているほど、
評価されるアーティストになっているんですよ^^ 


おなじ事務所の三浦大知くんが
ようやく日の目を浴びる日が到来しましたが

(実は大知くんのデビュー当初から応援していた加藤。笑)

次はw-inds.に来るかな?!と予想しています!

この評価って、
私の夢・願いでもある

「統合失調症の親に育てられた子どもにも、目を向けてほしい・・・!」

と願うことと、
すこし感覚が似ているな、と
ここ最近思ってまして*



(ようやく、日の目を浴びだした点など)



最近は、
w-inds.のライヴを観に行く度に

『希望を捨てずに地道な努力をすれば、
ここまでに結果が付いてくるんだ・・・!!』

と、エネルギーチャージをしに行ってる感覚です(^_^)

---


ここで!
わたしが母と衝突したときに
いつも聴いていた曲をご紹介♪🌷*゚


2003年に発売された

「Long Road」💿...♪*゚

という曲です。
━どんな涙も意味があるなら
出会いのように 別れ受け止めたい

━廻り道でも 迷ってもいい
 其所にだけ咲く 花を見つけるから

↑上記2つの歌詞に、何度も励まされました。


・・・今思い出しましたが、
中学3年生の時の弁論大会で、
「私が支えられている唯一の曲」
というタイトルで
この曲に支えられていることを
発表したところ、

最優秀賞を取ったことを思いだしました。笑


それほど思い入れのある1曲です(*^^*)


---

そんなこんなで長くなりましたが、
最後に、


w-inds.さん
17歳のお誕生日おめでとうございます😄😊


デビュー日という大切な日に、
この思いを
つづらせて頂きたかった次第です。*




みなさんの励まされている音楽はなんですか?(*^^*)


今度の家族会のときにでも、ぜひお聞かせください*


お花見のご応募も、まだまだ受付中です!
お申し込みはお早めに…✨


P.S ↑今日新曲をリリースする「Dirty Talk」もおすすめです!


以上、加藤でした*


加藤(もみこ)

ひとりやないで!

~*統合失調症の親を持つ子向けの広場*~

0コメント

  • 1000 / 1000